« 今日のかわいい/沖縄ライブにて | トップページ | 功山寺決起、赤間関の鬼となり »

御殿山焼打ち事件

文久2年(1862)12月12日のことです。
以前も書きましたが、東京御殿山に英国公使館が立派に完成し、
それを高杉晋作ら13人の攘夷派の志士たちが襲撃を決行しました。

東京日和

新人物往来社の『伊藤博文 直話』にある、そのあたりのくだりから
当時の状況をご紹介したいと思います。

今の東京の品川1丁目あたりに「土蔵相模」という遊郭があり、
そこをアジトにしてその作戦は練られたようです。
井上聞多の馴染みの遊女、お里の部屋が謀議室となり
羽織の裏に白木綿のきれを縫い付けて準備。
いざという時には、この白筋を目印にして、敵にあった時に
同志討ちをしないようにする、としました。

さて今でいう午前一時頃、土蔵相模を出発します。

現地に着いてみると、公使館の周囲には大きな丸太の
柵が張り巡らされていて侵入が難しい。
いずれも顔を見合わせて当惑したところに、伊藤が
かくしもってきたノコギリを出すと、皆の歓びは
たとえようもなかったと記されています。

しかし、多くの小説には高杉から「ノコギリを買ってこい」と
言われた伊藤俊輔は・・・と書かれてあるのですが
どちらが本当やら

また煙硝を持参する役だった井上聞多が、こともあろうに
肝心なそれをお里の部屋に忘れてきます
そこで仕方なく、公使館の部屋に入って戸障子に火をつけて
いったそうです。

それでも結果はうまく大火になり、サァ逃げろ
火は燃え広がり、消防夫がどしどし繰り出してくる。
それをみて一同大喜びした後、離ればなれになり
酒楼で勝利の美酒を味わいました。


御殿山英国公使館は、品川3丁目と4丁目の間あたりに
あったと言われています。
そのあたり、今は線路で分断されています。


Img_0685_2

明治になって総理となった伊藤博文に、
「閣下は昔強烈な攘夷派で、ずいぶんやんちゃもされた
そうですね」と記者に投げかけられた時、
「あの時はああじゃなくちゃならんかったんじゃ」と
うそぶいたそうです。
政治家は、それくらい本音を言うべきかな?


さて、この英国公使館焼打ち、という命がけの仕事を
した後は、明けて1月に吉田松陰先生の遺骸を改葬し
ついに高杉晋作の魂が「回天義挙」に向かって本格的に
動いていくことになります。
功山寺決起、その時まであと1年です。


|

« 今日のかわいい/沖縄ライブにて | トップページ | 功山寺決起、赤間関の鬼となり »

東京」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御殿山焼打ち事件:

« 今日のかわいい/沖縄ライブにて | トップページ | 功山寺決起、赤間関の鬼となり »