« 天神様と高杉晋作 | トップページ | 失意の帰郷/東行となる »

太宰府天満宮、3月11日

寒の戻り、寒い一日になりました。
梅も10日以上、遅れているようです。
太宰府天満宮では本殿の前の飛び梅だけは満開となっていました。

P1010052_4

  

P1010055


14時46分、東北大震災の起きたその時刻にサイレンが鳴りました。
境内にひしめいていた人たち、砂利を踏む足音や会話のざわめきが
一瞬にして消え失せ、水を打ったように静まり返りました。
1分間の黙祷です。

  


Img_2197


  

  東風吹かば匂ひおこせよ梅の花
  
  あるじなしとて春な忘れそ


道真公が、残してきた都の梅に呼びかけたこの詩が
東北の復興への願いに重なるような気がしました。


五卿様が滞在し、高杉晋作も訪ねてきたという
延寿王院のお庭の梅も満開です。

P1010059_2

P1010050_3


梅園の梅はまだ五部咲きという感じでした。
清々しく美しく、気高い香りに包まれています。

あの日から一年ですが、変わらぬ美しい花は
何を思っているのでしょうか。


Img_2189


Img_2193

Img_2188

Img_2172


Img_2194

|

« 天神様と高杉晋作 | トップページ | 失意の帰郷/東行となる »

福岡・太宰府」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆彡

延寿王院、見事な梅ですね!!(*´∀`*)

大阪の街中では大きな梅の木などおいそれとは見れず、ご家庭で大切に鉢植えされている小さな梅をちらほら見かけては、お世話されてる方に「ありがとう✩」と小さな春を戴いた御礼を申し上げている次第です。

晋作様が最愛された梅の花、一輪でも拝見するだけで愛おしい気持ちになりますよね。
こんなに見事な梅園に居たら、晋作様も見にいらして、お逢い出来るかも知れないですね。(笑) 私も是非伺ってみたいです。

東行庵の梅は今頃どんな可愛いお花を咲かせてるのかなぁ・・・。と想いを馳せております。
いつも素敵なお写真を載せてくださって、ありがとうございます☆彡

まろ

投稿: まろ | 2012年3月19日 (月) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345408/44456242

この記事へのトラックバック一覧です: 太宰府天満宮、3月11日:

« 天神様と高杉晋作 | トップページ | 失意の帰郷/東行となる »