« 前原一誠旧宅跡 目出村(小野田市) | トップページ | 150回目の東行忌 / 平成28年4月14日(木) »

高杉晋作没後150年記念事業の事始め

Photo

久しぶりにブログをスタートします。
今年は、高杉さんの150回忌ということで、昨年から有志の人たちと
下関で実行委員会を立ち上げました。
そして、今こんなプロジェクトで東行忌と、記念事業を行おうとしています。
詳細はこちらでご覧ください。
この晋作さんのイラストは、講談社コミックの『百花春風抄』の作者・朔田
浩美先生の書き下ろしを頂きました。目力のあるかっこいい晋作さん。
そのパワーでいろんな奇跡を起こしています。
原画はこれ
Ta02_2
着流しに扇を持つ晋作さんは、かっこいいだけでなく、ちょっと切ない
エピソードがあったのではと思うのです。
それは葉室麟さんの小説 『春風伝』に描かれていました。
幕府との戦いの時、軍艦に乗り込む海軍総督・高杉晋作はこの出で
立ちでした。
「え!? その格好でですか?」と驚く周りの隊士たちに、「なーに、幕府の
ような鼠族を退治するのにはこれ1本(扇)で大丈夫。」と言った高杉さん。
しかし、その時には彼の身体は随分蝕まれていて、甲冑などをつけるには
耐えられないほどだったというのです。
真偽のほどはわかりませんが、起き上がるのも一苦労だった病状からいけば
十分考えられることですね。
その肩に藩の運命を一身に背負って強大な幕府軍と戦った、長州の英雄。
150回忌には、彼のやり残したこと、夢見たことを、みんなで語りたいと
思います。そして、次の世代につなげるために、多くの人に知ってもらいたい。
東行忌まであと一ヶ月。
全国の高杉ファンの皆さま、下関でお会いしましょう。
4月14日の東行忌はもちろん、15、16、17日と3日間、市をあげての事業で
全国の皆さまのご来関をお待ちしています。
それから、イベントはすべて有志の皆さまのお志でやり遂げたいと頑張って
います。
寄付も募っていまして、全国の方からお申し出もいただいています。
寄付いただいた方のお名前は、事業終了後に作成する「150年記念誌」に
掲載させて頂きます。
詳しくはこちらから。 http://tougyou.com/pickup/kyousan
どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 前原一誠旧宅跡 目出村(小野田市) | トップページ | 150回目の東行忌 / 平成28年4月14日(木) »

下関」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345408/64431978

この記事へのトラックバック一覧です: 高杉晋作没後150年記念事業の事始め:

« 前原一誠旧宅跡 目出村(小野田市) | トップページ | 150回目の東行忌 / 平成28年4月14日(木) »