« 150回目の東行忌 / 平成28年4月14日(木) | トップページ | 2016年の総括その1〜高杉晋作150回忌〜 »

野村望東尼 150回忌に向けて

 高杉さんの150回忌の記念事業が、4月14〜17日までの4日間、 下関で 行われました。これについては、また落ち着いて書こうと思います。

そして、同じ慶応3年11月6日に亡くなったのが、望東尼さまでした。
今年の平尾山荘での法要では、高杉さんに着物を渡す、例のシーンを
デザインしたレリーフが完成して、その除幕式があるそうです。
高杉さんが平尾山荘に潜伏したのはわずか10日間。
しかし、この出会いが二人の運命を大きく変えました。そんな二人の
感動の物語を、「語り芝居」という形で演じることになりました。
女優の岩城朋子さんは、七色の声をもつということで、多くの物語を
一人で演じわけます。今回の脚本も岩城さん自身によるものです。
物語は功山寺決起からスタートします。高杉さんの人生のハイライ ト
シーンが多くの人との絡みの中で進行します。
ぜひ、ご覧ください。
Bweb
 初演は、なんと下関の亀山八幡宮で8月9日(火)18時からと
なっております。
主催は「海峡の裏町文化塾」  お食事付きで、参加費は5000円です。
塾長の大越清美さんまで、お問い合わせはお願いします。
090−3170−9119

|

« 150回目の東行忌 / 平成28年4月14日(木) | トップページ | 2016年の総括その1〜高杉晋作150回忌〜 »

下関」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345408/66461836

この記事へのトラックバック一覧です: 野村望東尼 150回忌に向けて:

« 150回目の東行忌 / 平成28年4月14日(木) | トップページ | 2016年の総括その1〜高杉晋作150回忌〜 »